【WordPress】httpなURLをhttpsにしたいときに使いたいプラグイン【Really Simple SSL】

WordPress

WordPressサイトのSSL化

WordPressでサイトを作って公開したけど、サイトのURLがhttpのままだった!というのはありがちな話です。

そして、「WebサイトのURLがhttpなのですが、どうやったらhttpsになりますか?」という質問を受けることもあります。

そんなとき、WordPressで作ったサイトであればプラグインで簡単にhttpsにすることができるので、ご紹介します。

事前にバックアップを取っておく

サイト全体に影響を及ぼす作業になりますので、事前にバックアップは取っておきましょう。

「バックアップの取り方が分からない」

「自分でやるのは怖いので、プロに任せたい」

という方には、Wist Web SupportのWebサイト保守サービスをご提案しております。

月額1万円でWebサイトのバックアップやトラブル対応、サイト改善のご相談を受け付けていますので、ぜひご検討下さい。

Wist Web Support サイト保守

サーバーでSSL対応を行っておく

WordPressサイトをhttpsにするには、サーバーでSSL対応を行っておく必要があります。

詳しくはお使いのサーバー名 + SSL化 で検索してみてください。

こちらもWebサイト保守サービスで対応可能です。

Really Simple SSL を使ってhttpsにする

Really Simple SSL というプラグインを使います。

インストールして、少し設定をするだけなのでとても簡単です。

使い方の流れを見ていきます。

  1. Really Simple SSL をインストール
  2. Really Simple SSL を有効化
  3. 有効化するとプラグインのページが表示されるので「はい、SSLを有効化します」のボタンをクリック
  4. httpsになってサイトがちゃんと表示されているか確認
  5. 設定画面からリダイレクト設定をする

それぞれ見ていきます。

Really Simple SSL をインストール、有効化する

普段プラグインをインストールするように、Really Simple SSL もインストールします。

右側にあるキーワード検索欄に「Really Simple SSL」と入力すると、対象のプラグインが出てきます。

Really Simple SSLのインストール

インストールが完了したら、有効化してください。

Really Simple SSLプラグインの有効化

有効化すると、自動で Really Simple SSL のプラグインページが表示されます。

httpsの設定を行う

Really Simple SSL のプラグインページが表示されましたでしょうか。

画面は以下のような表示になっているかと思います。

SSLを有効にする

いろいろと注意事項が書かれていますが、アフィリエイトリンクなどが対応外になっているので、「このプラグインで対応できないところは自分でやってくださいね」ということです。

サイト作りたてであったり、アフィリエイトリンクなどが無ければ関係ありません。

問題なければ、「はい、SSLを有効化します。」のボタンをクリックします。

URLがhttpsになっているか確認する。

SSL化とは、ざっくりいうとhttpsにしますよということです。

サイトのSSL化が終了すると、「SSLを有効化しました。」と表示されます。

SSLを有効化しました

さっそく、サイトのURLがhttpsになっていることと、ページがちゃんと表示されるかを確認しましょう。

SSL化成功

URLに関しては、画像のように鍵がしまっているマークになっていればhttpsになっています。

URLの入力欄をダブルクリックすると、URLがフルで表示されます。

そちらで確認しても良いでしょう。

301リダイレクトの設定をする

最後に301リダイレクトの設定を行って終わりです。

URLがhttpのときにブックマークをしている場合、httpsに変えてしまった今、そのブックマークからサイトを表示しようとしてもエラーになってしまいます。

ユーザーがサイトに来れなくなってしまうという自体を防ぐために必要な設定になります。

WordPress管理画面の設定欄にあるSSLのページに、「セッティング」というタブがあります。

ここで、「Enable 301 .htaccess redirect」という項目にチェックを入れて「保存する」をクリックします。

Enable 301 .htaccess redirect

これで設定は完了です。

まとめ

WordPressサイトのURLをhttpsにするには、Really Simple SSL というプラグインを使えば簡単に行うことができました。

また、httpsにすることをSSL化と言います。(正確ではありませんが、ざっくりとこんな意識で良いです。)

なにかトラブルや分からないことが合った場合、SSL化という言葉を使って検索をすると、より詳しい情報が出てくるので参考にしてください。

それでも分からない、自分でやるには難しいという方は、ぜひWist Web SupportのWebサイト保守サービスをご検討下さい。

月額1万円でWebサイトのバックアップやトラブル対応、サイト改善のご相談を受け付けています。

Wist Web Support サイト保守
柴山 摩亜玖

Wist Web Support の柴山です。
Web開発、WordPress開発を行っています。

関連記事

この記事へのコメントはありません。